未分類

以下は背骨の画像です。

よく見て下さい。

背中側に突起があります。棘突起と言います。

 

     

 

背面から背骨に触れた時、手に感じる骨が棘突起と言うものです。

椎孔と言う背骨の真ん中を通っている穴(脊柱管)は、脊髄とそれを包む硬膜のためにあります。

脊髄神経はここから椎間にある椎間孔を通って末梢に出ているのです。

 

さあ背骨に触れてみましょう。

観察させてもらえる相手はいますか?

まず、首に触れてみましょう。

 

首の骨は7つあります。立位や座位ではわかりにくいかと思いますので、仰向けになってもらいましょう。

そうすると首の筋肉の力が抜け、首の骨の棘突起に良く触れるでしょう。

下図を見て下さい。真ん中にある突起が棘突起であり、両側にあるのが横突起です。

敏感な部分でもあるので、強く触れないように注意して下さい。

頸椎を上から順番に触れていくと、違和感のある所や、痛みのある所に触れるかもしれません。そんなところは骨がずれていたり、筋肉が硬直していいたりしている場所です。

スタッフ田中

(次回に続く)

PageTop